MovableTypeでブログを書こう!

ほしのあき グラビア アイドル アキバ 萌え

ほしのあき se−女!Bバージョン


ほしの あき プロフィール
愛称: アッキー
生年月日: 1977年3月14日
現年齢: 31歳
出身地: 日本・東京都
血液型: O型
公称サイズ(2005年時点)
身長 / 体重: 165 cm / 47 kg
BMI: 17.3(低体重)
スリーサイズ: 88 - 56 - 87 cm
ブラのサイズ: F
靴のサイズ: 23 cm
単位系換算:[表示]
身長 / 体重: 5′ 6″ / 104 lb
スリーサイズ: 35 - 22 - 34 in

活動
ジャンル: グラビア
モデル内容: 一般、水着
他の活動: タレント、女優
その他の記録
第44回 ゴールデン・アロー賞 グラフ賞

来歴
高校時代、ティーンズ雑誌『プチセブン』(小学館刊)の専属モデルだった友人に誘われて自身も同誌で専属モデルを務める。

所属事務所を移籍し、月1でラジオ番組の出演をこなしながら3年ほど長い下積み生活を送る。この頃はドラマの端役出演が多かった。広末涼子の後任としてP&G「クレアラシル」のCMに出演。

2001年頃から徐々にグラビアの仕事を始める。2002年から2003年頃は、プロレス団体WEW(故・冬木弘道の設立)の月1興業のエンターテイメント部門の常連で、リング上でマイクを持ちレスラーを相手にコスプレ衣装で迫真の演技をしていた。

有料サイトも含め長らくグラビア系の仕事が活動の中心であったが、その中で「最年長グラビアアイドル」というキーワードを使い出し、2004年後半頃から急激に仕事を増やし初めてテレビのバラエティ番組への出演も多くなる。

2006年、日本テレビ系「ドラマ・コンプレックス」内放送ドラマ『都立水商!』出演より、テレビドラマ出演など女優としての活動の際には本名の「星野亜希」名義を使うことになった。バラエティ番組やグラビアなどではこれまで通り「ほしのあき」と名義を使い分けるようになる(同年4月1日に放送されたTBS系『オールスター感謝祭'06超豪華!クイズ決定版』では、ドラマ『弁護士のくず』の主要キャストとしての出演だったため「星野亜希」名義で出演)。同年5月7日に横浜スタジアムのプロ野球横浜ベイスターズ対阪神タイガース9回戦では「星野亜希」名義で始球式を務めた(スポーツ紙の報道では『ほしのあき』と『星野亜希』、『ほしのあき(女優名・星野亜希)』と各紙によって表記がまちまちだった)。また、2006FIFAワールドカップドイツ大会のパブリック・ビューイング記者発表会で日本代表を応援する「F組応援団」の団長として出演。
2007年4月2日からお昼の人気番組『笑っていいとも!』(フジテレビ系)の月曜日レギュラーとなる。現在は現役グラビアアイドルとして、雑誌グラビア、テレビのバラエティ番組を中心に精力的に活動中。
人物
以前まで『1978年生まれ』と年齢を1歳サバを読んでいたが、2006年から『1977年生まれ』と公式プロフィールなどに掲載されている。これは「最年長グラビアアイドル」としての知名度が予想以上に増したことと、翌年に30歳という節目の年齢を迎えるに当たっての措置と思われる。2007年3月に30歳を迎えながらも年齢を感じさせない童顔で、自ら『永遠の少女』と称している。また、「ロリエロ隊長」の異名を持つことでも有名。
一時期はモデル時代の写真との比較から、豊胸疑惑が持ち上がったが、テレビ番組中で自らCTスキャンによる検査を受け、その疑惑を否定した。だが、その検査画像が本物であったとしてもシリコンおよび生理食塩水を注入した可能性を否定できたのみであり、専門家は「スキャンを使っても、最終的には直接触らないと分らない」と発言しているため疑惑が晴れていない。現在では、ややそれを自虐ネタとして扱うことも多い。(以前サランラップを胸に巻いて巨乳を隠していたという奇怪な釈明をした事がある。)なお某バラエティ番組でほしのの胸を直接触った杏さゆりは、「まるでウォーターベッドが中に入っているみたい」とその柔らかさと弾力性を表現した。ただし美容整形外科の豊胸手術の宣伝広告に出たことがある。アサヒ芸能の浅草キッドの投稿コーナーではほしのの豊胸ネタがオチの常連である。
陰毛が濃いのが悩みで、現在はエステで腋とともに脱毛している(本人がMBSの『痛快!明石家電視台』にて発言した)。
本人いわく胸は3割がた(谷間から数えて)見られても平気だそうで、胸が揺れるのを見られたからといって別に恥ずかしくもない、と語っている。巨乳アイドルの中でも抜きん出たプロ意識とエンターテイナー性を持ち、その姿勢は「プロ巨乳」と呼ばれる。また『ジャイケルマクソン』で自らパンストを被るというガッツの持ち主。後に外国サイトで動画が流される(その時書いてあったのは『日本の豚顔』)。
男兄弟の中で育った。
おそらく史上最年長のグラビアアイドルであろうと言われている。2007年現在、事実上最年長のグラビアアイドルは31歳の沢地優佳と同じく31歳のインリン・オブ・ジョイトイだが、インリンは事務所公認で実際よりも若く年齢詐称をしているためである。多くのグラビアアイドルはタレントや女優に転向するなどしているため、ほしのあきは珍しいタイプである。検索ランキングでは十代のアイドルを抑えて1位になるなど、依然グラビアアイドルとしての人気は衰えを知らない。その一方では、グラビアを引退する年齢の規定は厳密に存在しないとは言え、従来ならばグラビアを引退するであろう大学卒業年齢を超越してもなおグラビアに拘る人間も多数続出し、彼女の活躍が近年見られるグラビアアイドルの高齢化を推し進めたのは疑い様のない事実である。だが余りに最年長グラドルに拘りすぎているために、若手グラビアアイドルから「もう、いいんじゃないですか?」と言われる事もある。また巨乳系ファンを中心に様々な層から支持されているが、逆に一部の清純派や正統派を中心としたアンチも多いのも事実である。 ただでさえ痩せすぎが指摘されているが、未だにグラビアの撮影前は減量に励んでおり、ファンから健康面を懸念する声も少なくない。
エピソード
実はドラマデビューと前後して、広末涼子の後任としてP&G「クレアラシル」のCMに出演していたが、CM終了後はかえって鳴かず飛ばず状態に陥った(本人がMBSの『痛快!明石家電視台』にて発言)。なお、『あっぱれ!!さんま大教授』に出演した際に、そのCMを流したのだが、主役と譲らないほしのは明石家さんまからは「主役じゃなくて店員さんでしょ」と突っ込まれていて(実際に女子高生を相手にする店員役である)、自ら営業に回ったことなども明かしている。 あまり裕福でない家庭に育ったらしく、高校時代は友人からブラジャーを貰っていた。(『くるくるドカン』にて)
『プチセブン』の専属モデルを卒業する際に、その上年代の『CanCam』のファッションモデルを目指していたが、痩せているわりには胸が大きくなっていたこともあり、編集部のスタッフからビューティー系モデル(ヘアメイクやフェイスメイク専用のモデル)になることを打診されたために、ファッションモデルへの道を断念した。またその原因となった自らの胸の大きさに当時はコンプレックスを感じており嫌いだった。 2005年、『笑いの金メダル』に出演した際、「まだちゃんとした彼氏が出来たことがない」と発言。また同様の発言は『グラビアトークオーディション』の前振りトークでも行なっている。 2006年度ゴールデン・アロー賞「グラフ賞」を受賞。代々受賞者が務める「雑誌愛読月間」のイメージガールを“ロリエロ”な“30歳”(=2007年に迎える年齢)が務めることとなった。 2007年3月、30歳を迎える直前に運転免許を取得。本人曰く「海へドライブに行きたい」とのこと。
安室奈美恵の大ファン。2007年6月の『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』に安室のゆかりゲストとして登場した。 オリコンが2007年夏に発表した『今年、一緒に海に行きたいグラビアアイドルランキング』で、安田美沙子、リア・ディゾンを抑えて総合第1位に選ばれた。
グラビアアイドルの仕事を始めた頃、バストサイズを測ったら78cmしかなかったにもかかわらず、公称88cmとした。(細身のため)アンダーバストが小さいから、とのこと。(2007年12月13日放送の「ごきげんよう」(フジテレビ)に出演した際に告白。)
2007年12月26日に放送された「笑っていいとも!年忘れ特大号2007」のものまね紅白歌合戦では小倉優子の物真似を披露した。
趣味・特技
散歩、マッサージ通い、種無しブドウを喉に詰めて戻す(最高10粒)
出演
バラエティ
ウッチャンナンチャンのウリナリ!!(日本テレビ、終了)
ばちこい!(瀬戸内海放送、終了)
たかじんONEMAN(毎日放送 『ランキングまいど』のみ)
天才のパチスロ(フジテレビ721)
農ドルちゃん(2004年4月 - 2004年9月、テレビ大阪)
あきと由佳のIdol Park(2004年7月 - 2006年7月、CSエンタ371)
最強メダル伝説(2004年8月 - 終了、サンテレビ) 大城美和とローテーション出演
ヒロイン誕生!(2005年7月 - 2006年3月、テレビ大阪)
ロンドンハーツ(2005年11月 - 、テレビ朝日)
クイズ!ヘキサゴンII(2005年12月 - 、フジテレビ)
ジャイケルマクソン(2006年4月 - 、毎日放送)
プレミアの巣窟(2006年4月 - 2006年9月、フジテレビ)
ぶっコギ!(2006年10月 - 2007年9月、日本テレビ)
グラビアトークオーディション(2006年10月 - 2007年3月、フジテレビ)
マニアの叫び(2007年1月 - 2007年3月、テレビ東京)
森田一義アワー 笑っていいとも!(2007年4月 - 、フジテレビ)
独占!女だらけの60分 レディGO!(2007年4月 - 、テレビ朝日)
どうぶつ奇想天外!(2007年10月 - 、TBS)
頑張る人応援バラエティ 体育の時間(2007年10月 - 、テレビ朝日)
みんなのケイバ(2008年1月 - 、フジテレビ)
みんなのウマ倶楽部(2008年1月 - 、フジテレビ)
テレビドラマ
イタズラなKiss(1996年、テレビ朝日) - 琴子のclassmate 役
三姉妹探偵団(1998年、日本テレビ)
39歳の秋(1998年、TBS)
都立水商!(2006年、日本テレビ) - 秋葉萌 役
弁護士のくず(2006年、TBS) - 小俣夕花 役
ドラゴンフライ(2006年、WOWOW) - リュウ 役
ぼくだけの☆アイドル(2007年、テレビ東京) - 高鳥美千 役
映画
催眠(1999年)
スペーストラベラーズ(2000年) - 海野ゆかり 役
ファイト☆ガールズ(2003年) - カコ 役
けっこう仮面 SURPRISE(2004年) - 打田真弓 役
けっこう仮面 RETURNS(2004年) - 高浜まゆみ 役
クーガの城 女囚1316(2004年) - 佐山ミサキ 役
カチコミ刑事 オンドリャー!大捜査線 心斎橋を封鎖せよ(2006年) - サラダ 役
Wスティール(2006年)
シュレック3(2007年) - シンデレラ 役(声)
劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!(2007年) - 千姫 役
阿波DANCE(2007年) - 田丸さやか 役
やじきた道中 てれすこ(2007年) - 花魁・おみち 役
CM
P&G クレアラシル
しんわ(九州など西日本を基盤とする消費者金融)
セクシービーナス(松原梨沙と共演)
赤城乳業「ガツンとみかん」
パワーエイド(コカ・コーラ):平面のみ。なかやまきんに君と共演。
アデランス:名前をもじった「ほしーの宣言」で知られる。
ケイ・オプティコム(関西地区のみ)
平川商事・パチンコアロー(関西ローカル かつて司会をした「ヒロイン誕生」(テレビ大阪)のスポンサーでもあった)
奈良健康ランド(関西ローカル)
BODYMAKER スリムシェイカー
作品
イメージビデオ
I am…
Play H(2003年2月)
H学園(2003年9月)
AAA〜Triple A〜(2003年12月)
Milk(2004年3月)
Darn-Tarn(2004年5月)
欲しいの…(2004年8月)
デジタル写真集 @misty…(2004年8月)
Se-女!(2004年9月)
「Se-女!2」B(2004年11月)
万華鏡
STAR(2005年1月)
ビーチエンジェルズ in ハワイ(2005年4月)
ハニー☆エンジェル(2005年5月)
山岸伸デジタル写真集 ほしのあき(2005年7月)
With you(2005年8月)
I Wish You Love(2005年9月)
月刊 ほしのあき(2005年12月)
Portfolio(2006年1月)
AKI-TIME(2006年6月)
私…跳んじゃいました(2006年7月)
ほしの万博 HOSHINO EXPO(2006年7月)
月刊 ほしのあき スペシャル(2006年8月)
~ファインダーラブ メモリアルDVD~(2006年9月)
恋人ごっこ(2006年10月)
TUTU(2006年11月)
ダブ☆ホシ(2007年1月)
検査入院(2007年2月)
プレミアDVD-BOX(2007年3月)
プレゼント(2007年5月)
コラボレーションBOX STELLA(2007年6月)
Sweet 30th dream(2007年9月)
シングル
にゃぁあ!(2005年9月21日発売)デビュー曲
Very Merry X'mas/Kiss and hugs(磯山さやか、佐藤寛子と組んだユニット『マシュマロ・キッス』というユニット名で。2005年12月7日発売)
ゲーム
ファインダーラブ ほしのあき 南国トラブル ランデブー(2006年6月29日発売)
CRほしのあきの胸キュンパラダイス(2007年、大一商会)
書籍
写真集
tomorrow(1999年2月、ISBN 4821122626)
H学園(2003年7月、ISBN 4-8946-1948-2)
AN ADULT AKI(2003年12月、ISBN 4-8604-6073-1)
DarnTarn(2004年5月20日、ISBN 4-8124-1647-7)
H―ほしのあき写真集(2005年2月、ISBN 4-0878-0404-6)
月刊 ほしのあき(2005年7月、ISBN 4-1079-0145-9)
秘桃(2005年11月26日、ISBN 4-8470-2899-6)
月刊 ほしのあき Spicial(2006年7月、ISBN 4107901610)
EYE-CANDY(2006年10月、ISBN 4091030505)
ダブ・ハピ DOUBLE HAPPINESS(2006年12月、ISBN 4054032001)
ほしのあき2002-2007 "超A級保存版"(2007年5月、ISBN 4896446321)
月刊 ほしのあき III(2007年8月、ISBN 4107901769)
ムック
ほしのあきエロの力
スポ・エロ・七輪(2004年7月、ISBN 4812417244)
HOSHINO MADE(2007年4月、ISBN 4789730751)
関連人物
友人の女性タレント
若槻千夏
安田美沙子
夏川純
熊田曜子
安めぐみ
MEGUMI
山本梓
根本はるみ
くまきりあさ美
森下千里
よく共演する男性芸能人
やしきたかじん
島田紳助
藤井隆
神奈月(ものまね芸人)
ほか
脚注
^ QuickJapan Vol.68『特集グラビアアイドル』ほしのあきインタビューより。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)より。。
ほしのあき

豪華4枚組&トレカ付!しかも半額!ほしのあきプレミアDVD-BOX




続きは芸能裏話・噂ブログランキング

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。